パートナーのスマホ内の画像を無断でチェックするリスク

パートナーのスマートフォンに保存された画像は、パートナーの許可なく、浮気や不倫の証拠写真として使用することはできません。ここでは、パートナーのスマホ内の画像や映像を無断でチェックすることのリスクについて紹介します。

パートナーのスマホを無断で覗き見した場合、プライバシー侵害の恐れがある

パートナーのスマホのロックを解除して無断で覗き見た場合、プライバシー侵害で訴えられる可能性があります。プライバシー侵害は、恋人や友人、夫婦や家族にも適用されるためです。仮に証拠写真として決定的な画像や映像が見つかったとしても、有効な証拠として認められません。

「不正アクセス行為の禁止等に関する法律」

パートナーのスマホを無許可でチェックする行為は、「不正アクセス行為の禁止等に関する法律」に抵触する恐れもあります。起訴された場合、1年以下の懲役刑、もしくは、50万円以下の罰金刑が科されます。

「不正指令電磁的記録に関する罪」

パートナーのスマホにGPS追跡アプリを許可なくインストールした際には、「不正指令電磁的記録に関する罪」として、3年以下の懲役もしくは、50万円以下の罰金となります。

浮気や不倫の証拠写真は探偵への依頼も検討しよう

浮気や不倫の証拠写真をお手持ちのスマホで撮影することは可能ですが、ラブホテルなどの密会場所の特定など、日常生活を営みながらでは難しいものもあります。

探偵に依頼することで、複数人での尾行や張り込みが行えるため、解決までの時間を短縮することにつながるでしょう。