浮気や不倫の証拠写真のOK例

浮気や不倫の証拠写真は、離婚訴訟や示談、そして損害賠償請求を有利に進めることができるアイテムです。決定的な写真であればあるほど、効力を発揮するでしょう。ここでは、浮気や不倫の証拠写真として認められる「OK例」を紹介していきます。

不貞行為の証明

浮気や不倫の証拠写真として、法的に認められるためには、不貞行為であることを証明することが重要です。不貞行為とは、同じ相手と複数回の継続した性関係があることをいいます。

同じ相手とラブホテルに40分~1時間以上の滞在(3回以上の継続)

同じ相手とラブホテルに40分から1時間以上の滞在を示すことで、有力な証拠写真となり得ます。1回だけではなく、複数回、できれば3回以上の継続がわかることが望ましいでしょう。

特定の相手の自宅に1時間以上の滞在(5回以上の継続)

特定の相手の自宅に1時間以上の滞在を、5回以上継続していることがわかる画像も、価値の高い証拠写真です。仕事や趣味などのミーティングなども考えられるため、できるだけ多くの滞在時間や回数が決め手となるでしょう。

同じ相手とのセックスを撮影したもの

スマートフォンの普及もあり、自分たちのセックスを撮影するカップルも存在するようです。中にはインターネット上に公開されるものもあり、「デジタルタトゥー」と呼ばれる負の歴史として残されるケースも少なくありません。

浮気や不倫の相手との性行為中の画像や映像は、言い逃れが難しく、最有力の証拠になり得ます。